カテゴリランキング!

気になる項目はココでチェック!自分にあったカジノを見つけましょう。

  • 初心者向けRANKING-サイトの利便性を総合評価
  • 人気サイトRANKING-支持率の高いカジノサイト
  • サポート対応ランキング
  • 初回ボーナスランキング
  • 決済方法ランキング
  • ソフトウェアランキング

今週のおすすめサイト

毎週更新の注目サイトをご紹介します。

ベラジョンカジノ

ベラジョンカジノ

サイトの特徴

300種類以上のゲームを取り揃え、モバイル版も充実しています。日本語サポートは24時間体制ではないですが、Eメールであれば月~金曜の12:00~24:00、チャットであれば月~金曜の18:00~24:00の間で対応を行っています。また、毎日$5,000、毎月$50,000以上の獲得を必ず誰かが受け取れる「必勝勝利金額キャンペーン」などのプロモーションも魅力的。


かんたん詳細比較検索

知りたい情報だけをまとめて比較!チェックを入れてボタンを押して下さい。


カジノ法案、自由投票も「1つの方法」

公明党の斉藤鉄夫幹事長代行は、自民党などの議員が国会に提出しているカジノ法案について、公明党内には賛成、反対の両論があるため、党議拘束を外して自由投票にすることも「1つの方法」との認識を明らかにしました。個人的には慎重なものの、審議入りは容認する考えも示しています。

「自由投票提案」の背景

斉藤氏は「法案そのものは地域活性化のための大きな法案ということでもう少し勉強しないといけないが、カジノが中心、核になるということであれば複雑な気持ちだ」とした一方で、カジノ解禁に向け熱心な議員がいるため「審議はしてもいいのではないか」と述べ、更に各党の対応も「党議拘束を外してそれぞれ採決するということも言われているようだ」と語りました。

こういった発言からも分かるように、斉藤氏はカジノ解禁に対して、慎重な姿勢を取っている様子が伺えます。何故「党議拘束を外した自由投票」というカジノ解禁派から譲歩ともとれる発想が生まれたのでしょうか?

突然「自由投票」を提案した背景として、党を超えたカジノ解禁派議員の熱の高まりを解消するために、彼等の納得する形での採択方法を取るといった側面もあるかも知れませんが、最大の理由として、逼迫する国の財政を立て直すために、カジノのもたらす大きな経済効果を無視できないという事が考えられます。

譲歩せざるを得ない経済効果の期待度

投資銀行CLSAは2月のリポートで、東京と大阪に1カ所ずつの大型IR(カジノを含めた特定複合観光施設)と、そのほかの地方都市の計10カ所の小規模IRを通じ、日本のカジノ市場は年間400億ドル(約4兆円)を創出するとの見通しを出しています。これは最大の米国の600億ドル、マカオの510億ドルに次ぐ規模だということです。

関連する記事

カテゴリ:ニュース

カジノサイト マンスリーランキング

ベラジョンカジノ

ベラジョンカジノ

300種類以上のゲームを取り揃え、モバイル版も充実しています。日本語サポートは24時間体制ではな...

ワイルドジャングルカジノ

ワイルドジャングルカジノ

2012年に日本人プレイヤーが約1億2700万円のジャックポットを引き当てた事で有名なカジノ。数々の...

ウィリアムヒルカジノクラブ

ウィリアムヒルカジノクラブ

ウィリアムヒルカジノはイギリスで最も古い歴史と知名度を持つ、老舗サイトの1つです。ボーナスや...

オンラインカジノお役立ちコンテンツ

  • 決済方法紹介
  • 無料体験
  • 攻略法

オンラインカジノサイト一覧

ƒy[ƒWTOP
casino-ranking.net 4千円分の入金不要ボーナスをゲット

お名前とメールアドレスを登録するだけでお得なカジノ情報が届くうえに、今なら4000円分の入金不要ボーナスをプレゼントさせて頂きます!