カテゴリランキング!

気になる項目はココでチェック!自分にあったカジノを見つけましょう。

  • 初心者向けRANKING-サイトの利便性を総合評価
  • 人気サイトRANKING-支持率の高いカジノサイト
  • サポート対応ランキング
  • 初回ボーナスランキング
  • 決済方法ランキング
  • ソフトウェアランキング

今週のおすすめサイト

毎週更新の注目サイトをご紹介します。

ベラジョンカジノ

ベラジョンカジノ

サイトの特徴

300種類以上のゲームを取り揃え、モバイル版も充実しています。日本語サポートは24時間体制ではないですが、Eメールであれば月~金曜の12:00~24:00、チャットであれば月~金曜の18:00~24:00の間で対応を行っています。また、毎日$5,000、毎月$50,000以上の獲得を必ず誰かが受け取れる「必勝勝利金額キャンペーン」などのプロモーションも魅力的。


かんたん詳細比較検索

知りたい情報だけをまとめて比較!チェックを入れてボタンを押して下さい。


バカラの遊び方

バカラのファンは世界中にいますが、特にアジアを中心に熱烈な支持を得ているカードゲームです。理由としては、そのシンプルで飽きの来ないゲーム性につきます。また、プレイヤーであるお客様とディーラーとの対戦型ゲームではないのも、このバカラの大きな特徴の1つです。

バカラにはミニバカラとビッグバカラと呼ばれるものが存在しますが、ルール自体に異なる点はありません。通常、店舗型のカジノではビッグバカラはVIPのテーブルとして使用されることが多いようです。

バカラの流れ

まず、初めにプレイヤーは「プレイヤーサイド」もしくは「バンカーサイド」と呼ばれるベッティングサークルに賭け金をベットします。「プレイヤーサイド」と書きましたが只の呼称(厳密にいうと大昔のルールの名残)ですので、プレイヤー、バンカーどちらに賭けても問題ありません。

次にディーラーがルールに沿ってカードを両者に配ります。そして、最終的にカードの合計点数が9に近いほうが、勝ちとなります。ちなみにテーブルに出るカードは、各々賭けを行った全てのプレイヤーの共通のカードになります。

バカラの点数の数え方

点数の数え方は①~⑨まで額面通りですが⑩を含むJ/Q/Kは全て0と数えます。したがって②と⑧が配られた時も10ではなく0となりますので注意して下さい。

バカラ数え方

バカラのルールを知ろう

最初にプレイヤー、バンカー共に2枚づつカードが配られます。

この時、それぞれ配られた数の合計数で3枚目のカードを配る条件が変わりますので、順を追って説明させていただきます。

プレイヤーサイドに関して

プレイヤーはルールの性質上、バンカーの手札に影響を受けることはありません。(後述のNatural⑧⑨等を除き)

プレイヤーサイドの手札の合計点数が0,1,2,3,4,5,の場合Must drawと呼ばれ、バンカーサイドの手札がナチュラル⑧⑨の場合を除き、カードを必ず引きます。

プレイヤーサイドの手札の合計点数が6,7の場合Must standと呼ばれ、カードを引きません。

続いてプレイヤーサイドの手札の合計点数が8,9の場合はNaturalと呼ばれ、自分にも相手にもカードを引かせない、最強の手となっております。このNaturalが成立するのは初めの2枚のカードの合計点数によってのみであり、3枚目のカードを引いた合計点数が8,9になっても、Naturalは成立しません。

バカラプレイヤー側
※カードが2枚づつ配られた時点で、バンカー側のカードの合計が8.9の場合はプレイヤー側はカードを引きません。

バンカーサイドに関して

続いてバンカーサイドのカードを引く際の条件説明をさせて頂きます。プレイヤーサイドに比べると条件が若干複雑になりますので注意して下さい。

バンカーの手札の合計数が0,1,2の場合はMust drawとなり3枚目のカードを必ず引きます。(プレイヤーサイドがNatural⑧⑨時を除く。以下バンカーサイドのMust draw全ての条件にもこれは当てはまります。)

バンカーの手札の合計数が3の場合は、プレイヤーサイドが引いた3枚目のカードが8以外ならMuat drawとなり、3枚目のカードを引きます。

バンカーの手札の合計数が4の場合、プレイヤーサイドが3枚目に引いたカードが2,3,4,5,6,7でMust drawとなり、それ以外はMust standとなります。

バンカーサイドの手札の合計数が5の場合、プレイヤーサイドが3枚目に引いたカードが4,5,6,7でMust drawとなり、それ以外はMust standとなります。

バンカーサイドの手札の合計数が6の場合、プレイヤーサイドが3枚目に引いたカードが6,7でMust drawになり、それ以外はMust standとなります。

バンカーサイドの手札の合計数が7の場合、Must standとなりプレイヤーサイドの影響を受けることなくカードを引きません。

バンカーサイドの手札の合計数が8,9の場合、プレイヤーサイドと同じくNaturalとなり自分にも相手にもカードを引かせない、最強の手になっております。

また、プレイヤーサイドが6,7でStandした場合、バンカーサイドにもプレイヤールールが適用されます。

バンカー側3枚目

配当に関して

配当金額は賭け金額と同額(1to1)となります。

お互いの点数が同点となった場合には「タイ」と呼ばれ、勝負は引き分けになり、賭け金はそのまま手元に帰ってきます。後攻であるバンカーサイドは、3枚目のカードを引く条件により、統計的にプレイヤーサイドよりも有利であると言われています。そのため、配当金額より5%のコミッションを徴収することで、勝率と配当のバランスを取っています。

例を挙げると100ドルをバンカーサイドに賭けて勝利した場合、5%の5ドルが徴収され実際の配当金は95ドルになります。またプレイヤーとバンカーサイド以外にもタイベットと呼ばれるベッティングサークルがあり、引き分け成立時にベットしていると8倍の配当が貰えます(8to1)。引き分け不成立時は賭け金を没収されます。

バカラテーブル

以上がバカラの簡単なルール説明になります。いかがですか?ご理解頂けたでしょうか?

プレイヤーサイドのルールは簡単ですが、バンカーサイドのルールは慣れるまでは若干難しいかもしれません。

でも、安心して下さい。バカラはルールを理解していなくても、ディーラーが全て進行して勝利の宣言までしてくれるので、何の心配もいりません。実際にルールを100%理解していなくても長年遊戯を楽しんでいる方も沢山いらっしゃいます。

あくまでも、ルールを理解していたほうが「バカラ」をより楽しめるというだけです。この辺りもバカラが世界中の人々に愛される理由の1つだと言えます。

絞りでバカラはもっと楽しい

次にゲーム進行には関係はないのですが「絞り」と呼ばれる、バカラの醍醐味ともいわれる部分を説明させて頂きます。

通常カードが配られた際にディーラーが両サイドのカードをオープンしますが、カードオープンの作業をお客が行う事もできます。これを「絞り」といいます。

絞りをするためにバカラを遊戯する方も少なくありません。基本的に、そのテーブルで一番賭け金が多い人が、それぞれプレイヤー・バンカーサイドの絞りをするのが慣習となっています。

万が一、絞りが面倒な場合はディーラーに任せることもできるので安心して下さい。ただ、慣れてきたら是非とも絞りに挑戦してみて下さい。バカラをより一層楽しむことができると思います。

ルールを含めて色々書きましたがバカラはシンプルなゲームの性質上、時には我を見失うほど勝負に熱中してしまう人も少なくありません。現在バカラは「King of Casino」ともいわれています。

そう呼ばれるのは勝敗の決着スピードの早さと、短時間でも莫大な賭け金が動くことに由来します。そのため、バカラという言葉は転じて「破産する」という意味にもなるのです。そうならない為にも良識と節度ある遊戯で計画的に楽しんで下さい。

カテゴリ:プレイ方法

カジノサイト マンスリーランキング

ベラジョンカジノ

ベラジョンカジノ

300種類以上のゲームを取り揃え、モバイル版も充実しています。日本語サポートは24時間体制ではな...

ワイルドジャングルカジノ

ワイルドジャングルカジノ

2012年に日本人プレイヤーが約1億2700万円のジャックポットを引き当てた事で有名なカジノ。数々の...

ウィリアムヒルカジノクラブ

ウィリアムヒルカジノクラブ

ウィリアムヒルカジノはイギリスで最も古い歴史と知名度を持つ、老舗サイトの1つです。ボーナスや...

オンラインカジノお役立ちコンテンツ

  • 決済方法紹介
  • 無料体験
  • 攻略法

オンラインカジノサイト一覧

ƒy[ƒWTOP
casino-ranking.net 4千円分の入金不要ボーナスをゲット

お名前とメールアドレスを登録するだけでお得なカジノ情報が届くうえに、今なら4000円分の入金不要ボーナスをプレゼントさせて頂きます!